TEL/電話: +86 13764045638   service@parnassusdata.com   7 x 24 online!

    You are here

    • You are here:
    • Home > Blogs > PDSERVICE's blog > Oracle OPEN していないデータベースを SHUTDOWN すると ORA-1109 や ORA-01507 が発生する

Oracle OPEN していないデータベースを SHUTDOWN すると ORA-1109 や ORA-01507 が発生する

Oracle OPEN していないデータベースを SHUTDOWN すると ORA-1109 や ORA-01507 が発生する

 

ORACLEデータベース によくあるエラ の解決策

プロのOracle Databaseの復旧サービスを提供
携帯番号: +86 13764045638 メール:service@parnassusdata.com

 

 

[概要]
データベースが OPENしていない状態で SHUTDOWNを実行すると ORA-1507,ORA-1109
といったエラーが出力されます。


[対象リリース] 
すべてのリリース


[対象プラットフォーム]
すべてのプラットフォーム


[詳細]
データベースが MOUNT状態の時に SHUTDOWN を行った場合、ORA-1109が出力さ
れます。

 <<出力例>>
 SQL> shutdown immediate
 ORA-01109: database not open
 Database dismounted.
 ORACLE instance shut down.

これは SHUTDOWN 時にデータベースが OPEN状態にないことを検知しているも
のです。データベースが MOUNT状態の時に、ORA-1109 が出力されるのは想定
動作となり、問題ありません。エラーを無視してください。


また、データベースが NOMOUNT状態の時に SHUTDOWN を行った場合、ORA-1507
が出力されます。

 <<出力例>>
 SQL> shutdown immediate
 ORA-01507: database not mounted
 ORACLE instance shut down.
 
これは SHUTDOWN 時にデータベースが MOUNT状態にないことを検知しているも
のです。データベースが NOMOUNT状態の時に、ORA-1507 が出力されるのは想
定動作となり、問題ありません。エラーを無視してください。