TEL/電話: +86 13764045638   service@parnassusdata.com   7 x 24 online!

    You are here

    • You are here:
    • Home > Oracle Databaseの24*7緊急サービスホットライン:+86 13764045638

Oracle Databaseの24*7緊急サービスホットライン:+86 13764045638

24*7緊急サービスホットライン :    +86 13764045638 
Oracle技術専門家サポートメールアドレス:: service@parnassusdata.com

 

データベースが壊れたあるいはデータなくした場合に、まずは以下 のスクリプトを実行してください。そしてその結果をメールでわたし たちに送信して、ホットラインをお掛けしてください。  

診断スクリプトをダウンロードする

 


サビース範囲

 

 

支持する製品はORACLE RDBMSとMYSQLを含んでいる。

 

主な業務は:

  1.   Oracleデータベースに対して、特別な人工修復を実行する。
  2.   ParnassusData Recovery Manager PRMに基づき、トラブルになったデータベースのデータをリカバリできる。
  3.   壊滅したデータベースのデータブロックをリカバリできる。
  4.   肝心なORA-00600(600エラ)に対応できる。
  5.   Oracleデータベースがシャットダウンになったときのリカバリ。
  6.   Oracleデータベースパフォーマンス低下やパフォーマンスボトルネックにも対応できる。
  7.   ORACLE致命bugに解決策を提供する。
  8.   ORACLEバチのインストールをサポートする。
  9.   緊急Oracleハードウェアトラブルの解決に協力する
  10.   Oracleのデータベース(database)を削除(drop)した場合
  11.   Oracleデータベースのテーブル(table)を削除(drop)した場合 
  12.   Oracleデータベースのデータを削除(delete)した場合 
  13.   Oracleデータベースのテーブルの行を削除(delete)した場合 
  14.   Oracleデータベースの列を削除(delete)した場合
  15.   Oracleのデータを上書き(update)した場合 
  16.   データベースファイル(*.dbf)、ログファイル(*.log)、コントロールファイル(*.ctl)を削除した場合 
  17.   関連ファイルはあるが、データベースサービスを開始(open)出来ない場合 OS及びOracleが実行されない場合 
  18.   バックアップファイルからリカバリできない場合 ダンプファイルとトランザクションファイルしかない場合
  19.   ファイルが媒体から抽出できない場合
 
 

データベース復旧サービスとは?

データベース復旧サービスとは、破損したデータベースファイルからデータを回収し、新しいデータベースファイルとして提供するサービスです。 本サービスは、データベースプログラムの機能として提供される通常のソリューションや、一般的なデータ復旧サービスとは異なり、弊社独自の復旧技術をもとに確立した、データベースの領域を復元するサービスです。 
 


日本データ復旧センターのデータベース復旧サービスは、誤操作などで喪失、損傷したテーブルやフィールド等、RDBMSの内部データを復旧するサービスです。 破損したデータベースファイルから断片を検索、修復し、新しく格納して使用可能なデータベースファイルとして再生します。OracleのDBFファイルや SQL ServerのMDFファイルといった、データベースを保存したファイルを復旧の対象とします。



これは、一般的なデータベースの修復機能や、単なるデータ復旧サービスでは対処することができなかったものです。弊社ソフト「ファイナルデータ」の開発研究、および長年のデータ復旧サービスを経て、高度な技術と経験の集大成として生まれました。
 

 


データベースのデータリカバリサビース

 

ParnassusDataデータベースリカバリチームはデータベース正常に起動できない、SYSTEMテーブルスペースをなくした、ASM Diskgroupがmountできないなどの問題に対して、豊かなリカバリ経験を持っている。私たちたちはいつも業界の中、データベースONLINEリカバリのスピードがもっとも速いチームと評判されてきた。一番安全なユーザーのデータベースサーバにアクセスして、あるいは電話でリカバリの策を提供して、リカバリを協力する。ユーザーのデータベースを実際業務に基づき、より速くリカバリして、データの一貫性と整合性を守るこそ私たちの使命である。

 

 

 


トラブル解決策

 

今はまだデータベースの中にわけもわからないブロッキング/ロック、HANGハングトラブル、あるいはほかの特別な問題に対して困っているか。ParnassusData Oracleデータベース技術専門家はリカバリに協力し、快適で安全な解決策を提供できる。ParnassusData Oracleデータベース技術専門家のみんなもほぼすべてのトラブルに経験した達人であり、トラブルを一瞬で解決できる。

 

 私たちは7*24、ユーザーが連絡してきた次第、厄介なデータベースシャットダウン、データベースオプティマイザ、色々なエラに対応できる。

 

 

Oracleの破損/不良ブロックが主には以下の通り:

ORA-1578
ORA-8103
ORA-1410
ORA-1499
ORA-1578
ORA-81##
ORA-14##
ORA-26040
ORA-600 Errors
Block Corruption
Index Corruption
Row Corruption
UNDO Corruption
Control File
Consistent Read
Dictionary
File/RDBA/BL

 

 

 

 

一般的なエラーはエラー番号をクリックすることによって、そのエラーまたはその破損の種類に関係する Note のみを表示することが可能です。

アクション

破損の説明

破損とは

Note 840978.1 : Physical and Logical block corruption

破損したブロックを強制再フォーマットする方法

Note 336133.1 : How to Format Corrupted Block Not Part of Any Segment

データベースの破損の特定方法

Note 472231.1 : How to identify all the Corrupted Objects in the Database reported by RMAN

Note 819533.1 : How to identify the corrupt Object reported by ORA-1578 / RMAN / DBVERIFY

OS/HW の問題による既知の破損

Note 1323649.1 : Known Corruption issues caused by 3rd party Software Provider

破損の種類

破損したセグメント

 How to handle Segment Corruptions (Table, Index, LOB, Long, IOT, Temporary)  ブロック破損が影響しているデータベース・セグメントを参照してください。

Note 428526.1 : Baddata Script To Check Database For Corrupt column data

制御ファイル破損

Note 1072762.6  :  ORA-00227, ORA-00202: BRING UP INSTANCE AFTER MACHINE CRASH

UNDO 破損

Note 281429.1 : Basic Steps to be Followed While Solving ORA-00600 [4194]/[4193] Errors Without Using Unsupported parameter

Note 39283.1 : ORA-600 [4194] "Undo Record Number Mismatch While Adding Undo Record"

Note 431652.1 : How to Change the Existing Undo Tablespace to a New Undo Tablespace

ディクショナリ破損

Note 136697.1 : "hcheck.sql" script to check for known problems in Oracle8i, Oracle9i, Oracle10g and Oracle 11g

REDO 破損

Note 1031381.6 : How to Dump Redo Log File Information.

行 & 列 破損

Note 976591.1 : HowTo validate a date/timestamp column               

Note 869305.1 : How To identify a 'corrupt' row when error is raised b

表と索引の整合性を確認する方法

Note 136620.1 : Sanity Check of Oracle NUMBERS, How to Find and Patch

セグメント破損の対処方法

TABLE(表)破損

Note 28814.1 : Handling Oracle Block Corruptions in Oracle7/8/8i/9i/10g/11g

INDEX(索引)破損

Note 28814.1 : Handling Oracle Block Corruptions in Oracle7/8/8i/9i/10g/11g

Note 438143.1 : Use of dbms_metadata.get_ddl() to extract Index DDL

Note 394143.1 : How Could I Format The Output From Dbms_metadata.Get_ddl Utility?

LOB

Note 452341.1 : How to detect Lob Corruption

Note 293515.1 : ORA-1578 ORA-26040 in a LOB segment - Script to solve the errors

LONG

** Oracle サポートに連絡してください **  -->> これらのオブジェクトに関する一般的な Note: * 公開されていません *

IOT(索引構成表)

** Oracle サポートに連絡してください **  -->> これらのオブジェクトに関する一般的な Note: * 公開されていません *

TEMPORARY(一時)

Note 1332088.1 : How to clear corruption in temporary segment not in temp tablespace

Note 422039.1 : Steps to drop a temporary segment while SMON is not able

パッケージ情報および例

DBMS_REPAIR

Note 556733.1 : DBMS_REPAIR script

Note 68013.1: DBMS_REPAIR example

DBMS_METADATA

Note 438143.1 : Use of dbms_metadata.get_ddl() to extract Index DDL

Note 394143.1 : Q How Could I Format The Output From Dbms_metadata.Get_ddl Utility?

Note 332077.1 : Why Does DBMS_METADATA.GET_DDL Not Show All Lines?

Note 188838.1 : Using DBMS_METADATA To Get The DDL For Objects

ツール

DBV

Note 35512.1 : DBVERIFY - Database file Verification Utility (7.3.2 - 10.2)

Note 269028.1 : DBV Reports Corruption Even After Drop/Recreate Object

Note 336133.1 : How to Format Corrupted Block Not Part of Any Segment

EXPORT

Note 214369.1 : Using The Export Utility To Check For Database Corruption

RMAN

Note 472231.1 : How to identify all the Corrupted Objects in the Database with RMAN

Note 1266059.1 : ABMR: HOW TO TEST AUTOMATIC BLOCK RECOVERY FEATURE

トランスポータブル表領域

Note 733824.1 : HowTo Recreate a database using TTS

データ・リカバリ・アドバイザ

Note 1317849.1 : Data Recovery Advisor - Corruption Reference Guide

ORA600/7445 エラー・ルックアップ・ツール

Note 153788.1 : ORA-600/ORA-7445 Error Look-up Tool

一般的なリンク

パッチ・セット・アップデート (PSU) & クリティカル・パッチ・アップデート (CPU)

Note 268895.1 : Oracle Database Server Patchset Information, Versions: 8.1.7 to 11.2.0

Note 1061295.1 : Patch Set Updates - One-off Patch Conflict Resolution

Note 161549.1 : Oracle Database, Networking and Grid Agent Patches for Microsoft Platforms

Note 756671.1 : Oracle Recommended Patches -- Oracle Database

Note 742060.1 : Release Schedule of Current Database Releases

Note 161818.1 : Oracle Database (RDBMS) Releases Support Status Summary

一般的なエラー

ORA-1578

ORA-1578 は読み込み時にブロックが破損していると考えられる場合に発生します。

ORA-1410

このエラーは表の ROWID を参照した際にその行がない場合に発生します。

ROWID への参照は、WHERE CURRENT OF 句または、直接 WHERE ROWID=... 句で指定します。

ORA-1410 は ブロックの ROWID はこの表の一部ではないことを示します。

ORA-8103

オブジェクトが操作が開始してから別のユーザーによって削除されています。

エラーが再現する場合は、以下の理由が考えられます。:-

a.) ヘッダー・ブロックが不正なタイプになっている。

b.) ブロック内の data_object_id (seg/obj) がセグメント・ヘッダーの data_object_id と異なっている。dba_objects.data_object_id を確認し、それをブロック内の10進の値(seg/obj)と比べてください。

ORA-8102

ORA-08102 は索引内のキーと表内の値が不整合であることを示します。一般的に、索引が構築後に何らかの破損が表または索引で発生し、不整合の原因になります。

ORA-1498

一般的にこれは ANALYZE ... VALIDATE ... コマンドの結果です。

通常このエラーはデータおよび索引のブロックに矛盾がある場合に発生します。ブロック・チェックでいくつかのエラーが見つかった場合です。:-

a.) 行が存在しないトランザクションによってロックされている。

b.) 使用される容量がブロック・サイズと等しくない。

c.) トランザクション・ヘッダーのロック・カウントの不整合

サポートがトレース・ファイルを調査している間に、破損が一貫性なのか一過性なのかを確認するために、データベースを再起動した後に再度 ANALYZE を実行することは価値があります。

調査のためにサポートにトレース・ファイルを送ってください。

索引に対する ANALYZE の場合は、すべてのオブジェクトを確認する必要があります。例: 表の名前を確認し、次を実行します。:

     ANALYZE TABLE xxx VALIDATE STRUCTURE CASCADE;

ORA-1499

このエラーは ANALYZE コマンドを使用して索引または表を検査した際に発生します。

一つ以上のエントリが適切に相互参照していません。

ORA-26040

NOLOGGING/ UNRECOVERABLE オプションを使用して、REDO 生成することなくロードされたブロック内のデータにアクセスしようとしています。

このエラーは ORA-1578 と共に発生します。

ORA-600 [12700]

Oracle は索引から取得した ROWID を使用して行にアクセスしようとしています。

索引の ROWID とそれが指し示すデータ・ブロックとの間で不整合が見つかった場合に発生します。ROWID がデータ・ブロックには存在しない行を指し示しています。破損はデータまたは索引で発生しています。

ORA-600 [12700] は読み取り一貫性(CR) の問題でも発生します。

ORA-600 [3020]

これは、'STUCK RECOVERY' が呼び出されました。

REDO にある情報とリカバリするデータベース・ブロックにある情報との間に不整合があります。

ORA-600 [4194]

REDO レコードとロールバック(UNDO)レコードの間に不整合が検知されました。

UNDO ブロック内の最大 UNDO レコード番号に対して適用される変更に関連する UNDO レコード番号を検証します。

このエラーはこの検証が失敗した際に発生します。

ORA-600 [4193]

REDO レコードとロールバック(UNDO)レコードの間に不整合が検知されました。

UNDO ブロック内の UNDO ブロックのシーケンス番号を適用される変更に関連する REDO ブロックのシーケンス番号に対して検証します。

このエラーはこの検証が失敗した際に発生します。

ORA-600 [4137]

UNDO レコードのバック・アウト中(例: ロールバック時) に、ロールバック・セグメント内の破損またはロールバック・セグメントが UNDO レコードを適用しようとしているオブジェクト内の破損を示す、トランザクション ID の不整合が見つかりました。

これはロールバック・セグメントの破損を示します。

ORA-600 [6101]

UNDO の適用中に行を索引のリーフ・ブロックに挿入する際に、空き領域が不十分であることが検出されました。

ORA-600 [2103]

Oracle は制御ファイル内の標準エントリを読み込みまたは更新することを試みます。

エントリ番号が不正な場合に ORA-600 [2130] が発生します。

ORA-600 [4512]

Oracle はブロック内のトランザクション・ロック数を確認します。

ロック数がロック・エントリの数より大きい場合に、ORA-600 [4512] がスタック・トレース、プロセスステート、ブロック・ダンプと共に発生します。

このエラーはブロック破損の可能性があります。

ORA-600 [2662]

データ・ブロック SCN がカレント SCN を超えています。

ORA-600 [2662] は UGA 変数内に格納された依存 SCN と比較された時に発生します。

SCN が依存 SCN より小さい場合に、ORA-600 [2662] 内部エラーが発生します。

ORA-600 [4097]

トランザクションがコミットされているかどうかを確認するためにロールバック・セグメント・ヘッダーにアクセスします。xid がトランザクション・テーブルの未来になっています。

これはロールバック・セグメントの破損の問題が原因である可能性があります。または、以下の既知の問題に該当している可能性があります。

ORA-600 [4000]

これは、Oracle がディクショナリ・キャッシュ内の UNDO セグメント番号を見つけることを試み、失敗したことを意味します。

ORA-600 [6006]

Oracle は索引のリーフ・キー操作を元に戻しています。キーが見つからない場合に、ORA-00600 [6006] が発生します。ORA-600[6006] は通常、ディスクへの書き込み損失またはディスク上の破損のいずれかに関連するメディア破損の問題が原因で発生します。

ORA-600 [4552]

ブロック内の行のロックを解除しようとし、不正なブロック・タイプを受け取った場合に発生します。

2番目の引数は受け取ったブロック・タイプです。

ORA-600[6856]

Oracle は解放しようとしている行のスロットを確認していますが、それはすでにフリー・リストにない場合に発生します。

この内部エラーはこの確認が失敗した際に発生します。

ORA-600[13011]

削除処理中、instead-of トリガー経由か索引構成表経由でビューから削除されており、この例外を発生させた時に 5000 パス・カウントを超えました。

ORA-600[13013]

UPDATE 文の実行中、何度かの試みの後(引数[a]がパス・カウント)WHERE 句に準拠している行の安定したセットを取得することができませんでした。

ORA-600[13030]

 

ORA-600[25012]

表領域番号、相対ファイル番号から絶対ファイル番号を生成しようとし該当するファイル番号を見つけることができなかった場合やそのファイル番号が 0 であった場合に発生します。

ORA-600[25026]

表領域を確認し、不正な表領域番号または rdba が見つかりました。

ORA-600[25027]

不正な tsn または rfn が見つかりました。

ORA-600 [kcbz_check_objd_typ_3]

メモリ内のオブジェクト・ブロック・バッファがチェックされ、不正なオブジェクトID が見つかった場合に発生します。これは破損が原因である可能性が高いです。

ORA-600[kddummy_blkchk] & ORA-600[kdblkcheckerror]

ORA-600[kddummy_blkchk] は 10.1/10.2 で、

ORA-600[kdblkcheckerror] は 11 以降で発生します。

ORA-600[ktadrprc-1]

 

ORA-600[ktsircinfo_num1]

この例外は、sys.seg$ から取得している行キャッシュ情報に問題がある場合に発生します。ほとんどの場合 sys.seg$ に情報はありません。

ORA-600[qertbfetchbyrowid]

 

ORA-600[ktbdchk1-bad dscn]

この例外は、依存 SCN にサニティ・チェックを実行し、失敗した場合に発生します。

依存 SCN がカレント SCN により大きい場合に発生します。

 

 
Error   Description Corruption related to:
ORA-1578 一般的に、ORA-1578は物理不良ブロックを検知したから。Checksumが正確ではないやtail_chk情報が正確ではないなどの問題を含んでいる。 ORA-1578 is reported when a block is thought to be corrupt on read.

Block

数据块

データブロック

    OERR: ORA-1578 “ORACLE data block corrupted (file # %s, block # %s)” Master Note  
    OERR: ORA-1578 “ORACLE data block corrupted (file # %s, block # %s)”  
   
Fractured Block explanation
 
    Handling Oracle Block Corruptions in Oracle7/8/8i/9i/10g/11g  
    Diagnosing and Resolving 1578 reported on a Local Index of a Partitioned table  
ORA-1410

ORA-1410エラーはINDEXやほかの方法で獲得したROWIDがデータベースに該当する記録を検知できない場合によく見られる。

データテーブルとインデックスが一致していない、あるいはデータテーブル自身にトラブルがあるということはこのエラの原因になっている。

This error is raised when an operation refers to a ROWID in a table for which there is no such row.
The reference to a ROWID may be implicit from a WHERE CURRENT OF clause or directly from a WHERE ROWID=… clause.
ORA 1410 indicates the ROWID is for a BLOCK that is not part of this table.

Row

 

    Understanding The ORA-1410  
    Summary Of Bugs Containing ORA 1410  
    OERR: ORA 1410 “invalid ROWID”  
ORA-8103

多数のbugがORA-8103の原因になっている。

The object has been deleted by another user since the operation began.
If the error is reproducible, following may be the reasons:-
a.) The header block has an invalid block type.
b.) The data_object_id (seg/obj) stored in the block is different than the data_object_id stored in the segment header. See dba_objects.data_object_id and compare it to the decimal value stored in the block (field seg/obj).

Block

数据块

データブロック

    ORA-8103 Troubleshooting, Diagnostic and Solution  
    OERR: ORA-8103 “object no longer exists” / Troubleshooting, Diagnostic and Solution  
ORA-8102 ORA-8102はインデックスキー値とテーブルに格納した値が一致していない時に起こす。 An ORA-08102 indicates that there is a mismatch between the key(s) stored in the index and the values stored in the table. What typically happens is the index is built and at some future time, some type of corruption occurs, either in the table or index, to cause the mismatch.

Index

 

    OERR ORA-8102 “index key not found, obj# %s, file %s, block %s (%s)  
ORA-1499 テーブルとインデックスに対して、相互検証する場合にエラになる。 An error occurred when validating an index or a table using the ANALYZE command.
One or more entries does not point to the appropriate cross-reference.

Index

 

    ORA-1499. Table/Index row count mismatch  
    OERR: ORA-1499 table/Index Cross Reference Failure – see trace file  
ORA-1498   Generally this is a result of an ANALYZE … VALIDATE … command.
This error generally manifests itself when there is inconsistency in the data/Index block. Some of the block check errors that may be found:-
a.) Row locked by a non-existent transaction
b.) The amount of space used is not equal to block size
c.) Transaction header lock count mismatch.
While support are processing the tracefile it may be worth the re-running the ANALYZE after restarting the database to help show if the corruption is consistent or if it ‘moves’.
Send the tracefile to support for analysis.
If the ANALYZE was against an index you should check the whole object. Eg: Find the tablename and execute:
ANALYZE TABLE xxx VALIDATE STRUCTURE CASCADE;
Block
    OERR: ORA 1498 “block check failure – see trace file”  
ORA-26040 nologging/unrecoverableオプションのredo発現機構、そして該当するrecoverをしたことによって、データブロックが満たされた。 Trying to access data in block that was loaded without redo generation using the NOLOGGING/UNRECOVERABLE option.
This Error raises always together with ORA-1578

Block

数据块

    OERR ORA-26040 Data block was loaded using the NOLOGGING option  
    ORA-1578 / ORA-26040 Corrupt blocks by NOLOGGING – Error explanation and solution  
    ORA-1578 ORA-26040 in a LOB segment – Script to solve the errors  
    ORA-1578 ORA-26040 in 11g for DIRECT PATH with NOARCHIVELOG even if LOGGING is enabled  
    ORA-1578 ORA-26040 On Awr Table  
    Errors ORA-01578, ORA-26040 On Standby Database  
    Workflow Tables ORA-01578 ORACLE data block corrupted ORA-26040 Data block was loaded using the NOLOGGING option  
    ORA-1578, ORA-26040 Data block was loaded using the NOLOGGING option  
ORA-600[12700]

インデックスから獲得したROWIDがデータテーブルに対応する場合に、該当するデータ行がないので、エラになる。

一般的には一貫性consistent readの問題である。

Oracle is trying to access a row using its ROWID, which has been obtained from an index.
A mismatch was found between the index rowid and the data block it is pointing to. The rowid points to a non-existent row in the data block. The corruption can be in data and/or index blocks.
ORA-600 [12700] can also be reported due to a consistent read (CR) problem.

Consistent Read

一致性读

    Resolving an ORA-600 [12700] error in Oracle 8 and above.  
    ORA-600 [12700] “Index entry Points to Missing ROWID”  
ORA-600[3020] 主の問題はredoとデータブロックの情報が一致していないから。 This is called a ‘STUCK RECOVERY’.
There is an inconsistency between the information stored in the redo and the information stored in a database block being recovered.
Redo
    ORA-600 [3020] “Stuck Recovery”  
    Information Required for Root Cause Analysis of ORA-600 [3020] (stuck recovery)  
ORA-600[4194] 主の問題はredo記録とrollback/undoクの情報が一致していないから。 A mismatch has been detected between Redo records and rollback (Undo) records.
We are validating the Undo record number relating to the change being applied against the maximum undo record number recorded in the undo block.
This error is reported when the validation fails.
Undo
    ORA-600 [4194] “Undo Record Number Mismatch While Adding Undo Record”  
    Basic Steps to be Followed While Solving ORA-00600 [4194]/[4193] Errors Without Using Unsupported parameter  
ORA-600[4193] 主の問題はredo記録とrollback/undoクの情報が一致していないから。 A mismatch has been detected between Redo records and Rollback (Undo) records.
We are validating the Undo block sequence number in the undo block against the Redo block sequence number relating to the change being applied.
This error is reported when this validation fails.
Undo
    ORA-600 [4193] “seq# mismatch while adding undo record”  
    Basic Steps to be Followed While Solving ORA-00600 [4194]/[4193] Errors Without Using Unsupported parameter  
    Ora-600 [4193] When Opening Or Shutting Down A Database  
    ORA-600 [4193] When Trying To Open The Database  
ORA-600[4137] transaction idがマッチしていないから、問題がありそうなロールバックセグメントであるいはオブジェクト自身に問題がある。 While backing out an undo record (i.e. at the time of rollback) we found a transaction id mis-match indicating either a corruption in the rollback segment or corruption in an object which the rollback segment is trying to apply undo records on.
This would indicate a corrupted rollback segment.
Undo/Redo
    ORA-600 [4137] “XID in Undo and Redo Does Not Match”  
ORA-600[6101]   Not enough free space was found when inserting a row into an index leaf block during the application of undo. Index
    ORA-600 [6101] “insert into leaf block (undo)”  
ORA-600[2103]   Oracle is attempting to read or update a generic entry in the control file.
If the entry number is invalid, ORA-600 [2130] is logged.
Control File
    ORA-600 [2130] “Attempt to access non-existant controlfile entry”  
ORA-600[4512]   Oracle is checking the status of transaction locks within a block.
If the lock number is greater than the number of lock entries, ORA-600 [4512] is reported followed by a stack trace, process state and block dump.
This error possibly indicates a block corruption.
Block
    ORA-600 [4512] “Lock count mismatch”  
ORA-600[2662] 主にデータブロックのSCNが今のSCN超えたとしたら、通常の方法として、SCNをチュニックするという方法がある。11.2のあと、Oracle会社が多数のSCNチュニックを無力化させた。 A data block SCN is ahead of the current SCN.
The ORA-600 [2662] occurs when an SCN is compared to the dependent SCN stored in a UGA variable.
If the SCN is less than the dependent SCN then we signal the ORA-600 [2662] internal error.
Block
    ORA-600 [2662] “Block SCN is ahead of Current SCN”  
    ORA 600 [2662] DURING STARTUP  
ORA-600[4097] ロールバックセグメントヘッダーをアクセスして、トランザクションが自分からアップロードしているか否かを確認する場合に、XIDにトラブルを発見した。 We are accessing a rollback segment header to see if a transaction has been committed.
However, the xid given is in the future of the transaction table.
This could be due to a rollback segment corruption issue OR you might be hitting the following known problem.
Undo
    ORA-600 [4097] “Corruption”  
ORA-600[4000]   It means that Oracle has tried to find an undo segment number in the dictionary cache and failed. Undo
    ORA-600 [4000] “trying to get dba of undo segment header block from usn”  
ORA-600[6006]   Oracle is undoing an index leaf key operation. If the key is not found, ORA-00600 [6006] is logged.
ORA-600[6006] is usually caused by a media corruption problem related to either a lost write to disk or a corruption on disk.
Index
    ORA-600 [6006]  
ORA-600[4552]   This assertion is raised because we are trying to unlock the rows in a block, but receive an incorrect block type.
The second argument is the block type received.
Block
    ORA-600 [4555]  
ORA-600[6856]   Oracle is checking that the row slot we are about to free is not already on the free list.
This internal error is raised when this check fails.
Row
    ORA-600 [6856] “Corrupt Block When Freeing a Row Slot  
ORA-600[13011]   During a delete operation we are deleting from a view via an instead-of trigger or an Index organized table and have exceeded a 5000 pass count when we raise this exception. Row
    ORA-600 [13011] “Problem occurred when trying to delete a row”  
ORA-600[13013]   During the execution of an UPDATE statement, after several attempts (Arg [a] passcount) we are unable to get a stable set of rows that conform to the WHERE clause. Row
    ORA-600 [13013] “Unable to get a Stable set of Records”  
    How to resolve ORA-00600 [13013], [5001]  
ORA-600[13030]      
    ORA-600 [13030]  
ORA-600[25012]   We are trying to generate the absolute file number given a tablespace number and relative file number and cannot find a matching file number or the file number is zero. afn/rdba/tsn
    ORA-600 [25012] “Relative to Absolute File Number Conversion Error”  
ORA-600[25026]   Looking up/checking a tablespace
invalid tablespace ID and/or rdba found
afn/rdba/tsn
    ORA-600 [25026]  
ORA-600[25027]   Invalid tsn and/or rfn found afn/rdba/tsn
    ORA-600 [25027]  
ORA-600[kcbz_check_objd_typ] メモリでのblock bufferテスト中、問題があるobject idを発見した。 An object block buffer in memory is checked and is found to have the wrong object id. This is most likely due to corruption. Buffer Cache
    ORA-600 [kcbz_check_objd_typ_3]  
    ORA-600 [kcbz_check_objd_typ]  
ORA-600[kddummy_blkchkORA-600[kdblkcheckerror] ロジークテストにトラブルを発見した。 ORA-600[kddummy_blkchk] is for 10.1/10.2 and ORA-600[kdblkcheckerror] for 11 onwards. Block
    ORA-600 [kddummy_blkchk]  
    How to Resolve ORA-00600[kddummy_blkchk]  
    ORA-600 [kdblkcheckerror]  
   
QREF – kddummy_blkchk / kdBlkCheckError – Check Codes Listing (Full) [This section is not visible to customers.]
 
   
QREF – kddummy_blkchk / kdBlkCheckError – Check Codes Definition && Return Values[This section is not visible to customers.]
 
ORA-600[ktadrprc-1]    

Dictionary

 

    ORA-600 [ktadrprc-1]  
ORA-600[ktsircinfo_num1] SYS.SEG$ディクショナリーによって、row cacheディクショナリーのキャッシュにトラブルがある This exception occurs when there are problems obtaining the row cache information correctly from sys.seg$. In most cases there is no information in sys.seg$.

Dictionary

 

    ORA-600 [ktsircinfo_num1]  
ORA-600[qertbfetchbyrowid]     Row
    ORA-600 [qertbfetchbyrowid]  
ORA-600[ktbdchk1-bad dscn]   This exception is raised when we are performing a sanity check on the dependent SCN and fail.
The dependent scn is greater than the current scn.
Dictionary
    ORA-600 [ktbdchk1: bad dscn]  

 

TEL/電話+86 13764045638
QQ 47079569